キャタリストユニット

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、政府が定める「医療分野研究開発促進計画」に基づき9つの統合プロジェクトを中心とする研究開発を推進しています。「東京大学 AMED iD3 キャタリストユニット」はその9つの統合プロジェクトの1つ「オールジャパンでの医薬品創出プロジェクト」内「創薬シーズ実用化支援基盤整備事業」の1ユニットとして、平成29年9月に採択されました。

東京大学 AMED iD3 キャタリストユニットは、東京大学 大学院農学生命科学研究科 獣医薬理学研究室教授、獣医学専攻長である 堀正敏を中心に運営しており、HPAMED創薬ブースター(創薬総合支援事業)の広報活動・情報発信拠点としての役割を担っています。

多様化する医薬品とその開発技術を実用化に結びつける、トランスレーショナルサイエンス(TS)とレギュラトリーサイエンス(RS)の協調・振興を目指し、AMED創薬ブースターの成果ならびにTS、RSに関する情報も発信していきます。

具体的な事業

E-Journalの創刊 国内外のアカデミア、研究機関等からEditorial Boardを人選し、基礎研究成果、AMED創薬ブースター事業をはじめとするトランスレーショナルサイエンスの実用化事例、新薬、新しい規制、制度の紹介など、幅広いトピックのオリジナル投稿を募集します。詳しくはこちら。
シンポジウムの開催・共催 AMED創薬ブースター等関連の一環としてシンポジウムの開催・共催を予定しています。詳しくはこちら。
総合Webサイト 本WEBサイトは国内外の規制当局、業界、アカデミア関係者が、トランスレーショナルサイエンス並びにレギュラトリーサイエンスの情報を発信、収集できる総合Webサイトとなることを目指します。
学会へのブース出展 各種学会にブースを出展し、AMED創薬ブースターをはじめとする関連事業の広報活動を行っています。

ページ先頭へ