イベント情報

第2回 Translational and Regulatory Sciences Symposium

Translational and Regulatory Sciences

第2回 Translational and Regulatory Sciences Symposium
"創薬スキームにおける最新のTRS研究"
〜多様化するモダリティの開発と安全性確保(1)〜

開催概要

日  時 令和2年1月15日(水)13:00〜17:45 (開場12:30)
※シンポジウム終了後、エントランスホールにて情報交換会を開催します(参加費 ¥500)
会  場 東京大学 弥生講堂 一条ホール
交通案内 https://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html
参加申し込み 事前申込要・参加費無料
主  旨 日本医療研究開発機構(AMED) 東京大学(UTokyo) 医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)が中心となりキャタリストユニットが主催するシンポジウム
第2回目は「創薬スキームにおける最新のTRS研究 〜多様化するモダリティの開発と安全性確保(1)〜」というテーマでアカデミア・産業界の双方向の研究推進を促進する論壇の場を提供する
対象者 アカデミア、企業関係者、規制当局の研究者、一般の方等
参加数 200名程度
主  催 キャタリストユニット
共  催 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
ポスター

参加登録フォーム

お名前
ふりがな
ご所属
メールアドレス
情報交換会
※シンポジウム終了後、情報交換会(参加費 ¥500)を開催します。
ご案内メール
今後、キャタリストユニットからのご案内メールを受け取りますか?

プログラム

主催者挨拶

13:00〜  堀 正敏(AMED iD3 キャタリストユニット代表、東京大学 大学院農学生命科学研究科 獣医薬理学教室 教授)

来賓挨拶

13:05〜  末松 誠(日本医療研究開発機構 理事長)
堤 伸浩(東京大学 大学院農学生命科学研究科長)

【第一部】

13:20〜  落谷 孝広(東京医科大学 医学総合研究所)
「エクソソームを標的とした創薬研究の最前線」
13:50〜  眞鍋 史乃(理化学研究所 開発研究本部)
「糖鎖構造制御による抗体-薬物複合体合成の均一合成」
14:20〜  真木 一茂(医薬品医療機器総合機構 再生医療製品等審査部)
「mRNAを標的とする核酸医薬品の非臨床安全性評価」
14:50〜  遊佐 敬介(神戸大学 大学院科学技術イノベーション研究科)
「バイオ医薬品等のウイルス安全性評価法の現状と将来展望」

【第二部】

15:35〜  真下 知士(東京大学 医科学研究所)
「ゲノム編集技術とその医療応用:基礎技術的視点から」
16:05〜  三谷 幸之介(埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター)
「ゲノム編集による遺伝子治療の現状と将来」
16:35〜  内田 恵理子(国立医薬品食品衛生研究所 遺伝子医療部第1室)
「ゲノム編集技術を用いた遺伝子治療の規制と安全性評価の現状」
17:05〜  小野 俊介(東京大学 大学院薬学系研究科)
「モダリティの多様化とレギュレーションのバランス」

閉会挨拶

17:35〜  米田 悦啓(医薬基盤・健康・栄養研究所 理事長)

ページ先頭へ